バドミントン部

男子・女子

部員数
30名
活動日時
月、水~日曜日
平日約3時間 休日4時間
活動場所
体育館
中学生のみなさんへ
「勉強も頑張って、バドミントンでもより高みを目指したい!」「バドミントンを通じて仲間との交流を深めたい!」という中学生はぜひ見学に来てください。公立高校から千葉県代表を目指そう!

H31bad5-2①.jpg

平成31年

平成31年度

男子

関東大会 千葉県予選推薦出場 県ベスト4(3位入賞) 関東大会千葉県代表入り
1回戦 対 木更津   2-1 〇
2回戦 対 千葉黎明  2-0 ○
3回戦 対 千葉日大一 2-0 ○
準々決勝 対 千葉南   2-0 ○
準決勝 対 西武台千葉 0-2 ●
3位決定戦 対 千葉敬愛  0-2 ●

昨年度の新人大会に続き、県ベスト4に入り目標としていた関東大会出場を決めました。関東大会出場は平成6年以来25年ぶりで、この年は千葉県開催で5位での出場でした。県ベスト4以上で関東大会に出場するのは昭和63年以来31年ぶりで、新人大会、関東予選と続けて県ベスト4に入ったのは昭和45-46年以来49年ぶりの快挙です!関東大会では関東ベスト16を目標に、次の県総体では準優勝以上を目標に練習に励みます。
関東大会は栃木県宇都宮市で5月31日開会式、6月1日2日が試合となります。応援よろしくお願いします。


ちなみに市立千葉高校バドミントン部の関東大会の最高記録は昭和53年・63年のベスト16です。また新人大会、関東予選、県総体と1つの代が3大会連続で団体県ベスト4に入ったのは、残っている記録の限りでは昭和45-46年の49年前の1回のみです。(記録が間違っている場合はご指摘ください)偉大な先輩方の記録に並ぶことを目標に努力を重ねたいと思います。


第26回埼玉オープン大会(5/3~5/5)
関東中心の上位校が集まり団体戦を行う埼玉オープン大会に出場しました。関東1位の埼玉栄や叡明など関東強豪だけでなく、名古屋、信州北信越、京都、宮城からの参加もある大きな大会です。本校からは団体戦レギュラー8人が参加しました。
1日目
対 宇都宮南(栃木3位)       2-3 ●
対 ОIDE長姫(信州北信越3位)  4-1 ○
対 埼玉選抜(埼玉上位校から数名選抜)1-3 ●
2日目
対 桐生商業(群馬3位)       0-5 ●
対 鵬学園(信州北信越B8)     2-3 ●
対 下妻第一(茨城B8)       3-2 ○
3日目
対 川口東(埼玉B8)        5-0 ○
対 土浦第三(茨城3位)       0-5 ●
対 川越東(埼玉4位)        1-4 ●
団体戦3勝6敗 マッチ勝敗22勝29敗

苦しい戦いも多かったですが、関東大会レベルやそれ以上のレベルの選手たちと対戦でき、様々な試合の中でも良い試合も多くあったので本番へ向け、さらに努力を続けていきます。また2日目までの初戦の敗戦は朝の準備不足が浮き彫りになった形での負けでした。本番では準備を怠らず、自分たちの良さをしっかり出せるように挑みたいと思います。

千葉県総合体育大会 地区予選(5位までが県大会出場)

ダブルス  
成嶋・石橋 第2位
上野・佐藤 第3位
太田・山田 第5位

シングルス 
藤崎    第5位

成嶋    ベスト8     

 敬愛学園を擁する第8地区では、総体の個人戦で県大会に出るのは難しいとされていますが、今回はダブルスでは敬愛学園の上級生が新人大会の結果で県大会への推薦出場を決めていたので、チャンスは例年よりありました。それでも敬愛学園の有力な1年生が数多く出場していたのですが、その中にあっても、しっかりチャンスをものにし、3組が県大会出場という快挙を成し遂げました。シングルスはダブルスより難易度が高く、10年以上総体の県大会には出場していなかったのですが、敬愛学園が1位~4位を占める中、最後の1枠を勝ち取ることができました。


千葉県総合体育大会  
団体戦  県ベスト4(第3位入賞)
(関東予選ベスト16のチームが参加)
一回戦   成田国際  3-0 ○
準々決勝  木更津総合 3-2 ○
準決勝   敬愛学園  0-3 ●
3位決定戦 千葉敬愛  0-3 ●

新人大会・関東予選・県総体の3大会連続でベスト4に入りました。市立千葉では昭和45・46年以来49年ぶりの快挙です!

ダブルス 
太田・山田
1回戦 2-0 ○
2回戦 2-0 ○
3回戦 0-2 ● ベスト16

成嶋・石橋 
1回戦 1-2 ● 1回戦敗退

上野・佐藤 
1回戦 0-2 ● 1回戦敗退

シングルス
藤崎    
1回戦 0-2 ● 1回戦敗退

最後の団体戦となった県総体でしたが、1年前に同じ大会の1回戦で逆転負けを喫し、悔しい思いをした木更津総合高校が相手となりました。ダブルスを2つ取られ、第一シングルスの成嶋も1ゲーム取られて絶体絶命の状態でしたが、その状態から粘りに粘り、2ゲーム目と3ゲーム目を逆転勝ちし起死回生、さらに第2第3シングルスも連続で取り、大逆転勝利を収めました。このチームになってからはシングルス3つを取って勝った試合は初めてです。最後の大会でも選手たちのさらなる成長が感じられました。準決勝では同じ地区でも地区順位や推薦同士という関係で、実は団体戦の試合は2年ぶりの対決という敬愛学園との試合をすることができました。3年生の目標でもあった敬愛学園との試合を実現することができました。3位決定戦では3回目となる千葉敬愛との試合でしたが、ダブルスも1ゲーム取り、シングルスでもゲームポイントを先取するなど、3回目で一番良い試合ができ、ここでも短期間での成長を感じることができました。勝つことができなかったのは悔しいですが、次の代以降の目標として努力を続けていきたいです。

関東大会(5/31~6/2)

初戦 法政大第二(神奈川2位) 0-2 ●
第1ダブルス  藤崎・成嶋 (15-21、18-21)0-2 ●
第1シングルス 岡本    (12-21、15-21)0-2 ●
関東ベスト32

栃木県宇都宮市のブレックスアリーナで行われた関東大会に千葉県代表として出場しました。市立千葉高校は25年ぶり15回目の出場となり、男子の公立高校では木更津高校に次いで2番目に多い回数です。黄金時代の歴史を感じます。試合は残念ながら負けてしまいましたが、ダブルスの藤崎・成嶋は徐々に動きが良くなり2ゲーム目の後半では、勝ちこせるムードもありましたが、一歩及ばず悔しい敗戦となりました。シングルスの岡本も神奈川のベスト4のシングルス選手が相手でしたが、最後まで粘りを見せ、中盤まで競る展開に持っていくことはできましたが、最後は力尽きました。応援団も含め、非常に良い経験ができました。来年は千葉県開催で枠が広がるので、男子は2年連続の出場、女子は初出場を目指し努力を続けていきたいです。応援に駆け付けてくれた保護者・関係者の皆様本当にありがとうございました。



女子

関東大会 地区予選 第1位
1回戦 対 千葉経済  2-0 ○
2回戦 対 磯  辺  2-1 ○
準決勝 対 検 見 川  2-1 ○
決 勝 対 千 葉 北  2-0 ○

昨年からチャンスはありながらも、なかなか勝ちきれず。団体戦で県大会に進むことができないという、悔しい思いをしてきましたが、今回関東大会地区予選にて目標だった県大会出場に加え、地区1位を取ることができました。女子地区1位での出場は6年ぶりです。

関東大会 千葉県予選地区1位出場  県ベスト32
1回戦 対 県立松戸  2-0 ○
2回戦 対 木更津総合 1-2 ●

3年生の選手たちは初の団体戦県大会出場となりました。1回戦は落ち着いて試合を運び、しっかり勝ちきることができましたが、2回戦は県ベスト8の木更津総合との試合となりました、勝てるムードでしたが、最後の1点を取りきれず非常に惜しい敗戦。地区での敗戦とは違う悔しさを味わいました。ただ、県ベスト8のチームとも互角に渡り合える力はついているので、総体ではこの悔しさを晴らせるように、また、楽な展開を作って勝ちきれるよう頑張りたいと思います。


千葉市年齢別シングルス選手権大会(5/5)
永山 3位入賞
橋本 ベスト8
安井 ベスト8
今井 ベスト16

休日を返上しての志願出場。千葉県の市町村区でもレベルの高い千葉市の大会での上位進出です。3年生の中には最後のシングルスの大会となる選手もいました。1年生で出場した選手はデビュー戦になります。1回戦を勝った選手もいて今後の活躍に期待です。2年生での上位進出者は新チームを背負っていけるよう期待しています。


千葉県総合体育大会 地区予選(ダブルスは6位まで、シングルスは5位までが県大会出場)
ダブルス  
山田・橋本 第5位
永山・安井 第6位
シングルス 
安井    第6位

昨年の同じ大会では、ダブルス・シングルスともにあと1つの順位で県大会を逃すという悔しい結果となり、その時点で3年生が引退してしまいました。その悔しさをバネに練習し、臨んだ同大会ですが半年前の新人大会のときと比較しても、硬さよりものびのびとプレイする姿が見られ、成長を実感しました。結果は県大会に2枠出場で3年生の引退も伸びました。3年生のさらなる成長と、1・2年生が3年生から多くのことを吸収し、3年生の引退の日を迎えられることを願います。


千葉県総合体育大会
ダブルス 
山田・橋本 1回戦 0-2 ● 1回戦敗退
永山・安井 1回戦 0-2 ● 1回戦敗退

女子は第2シードと第4シードとの試合となってしまい、残念ながら1回戦敗退となり、これで3年生全員が引退となりました。3年生が残した団体戦地区1位の成績は後輩にとって大きなプレゼントになります。次の代では新人戦から上位進出を狙い、来年の関東大会出場も目標に努力を続けていきます。



4/30、5/1関東大会県予選ベスト4
千葉県の公立高校が県ベスト4で関東大会に出場するのは13年ぶりとなります。
H31bad5①.jpg

目標にしていた関東大会出場!令和元年5月1日の賞状を手に入れました。
H31bad5②.jpg

5/3埼玉遠征、多くの経験を積んで日々成長しています。
H31bad5③.jpg

関東大会出場メンバー、千葉県代表として戦いを挑みます。
R1badminton0702②.jpg

関東大会入場行進後の開会式
R1badminton0702③.jpg

私設応援団との集合。全員で作った部旗を掲げ全力で応援しました。
R1badminton0702④.jpg

団体戦前最後に行った練習試合は検見川高校と
R1badminton0702⑤.jpg

強いライバルの存在がチームを強くしてくれます。
R1badminton0702⑥.jpg

3年生最後の大会県総体団体、大激戦の末ベスト4に入り、3大会連続ベスト4を達成!
R1badminton0702⑦.jpg

平成30年

平成30年度

男子
4月 市原市オープン大会(シングルス)3部優勝&準優勝!2部第3位!

H30badminton ichiharataikai.jpg

関東大会(団体戦)
地区予選  第2位 県大会出場

県大会 
1回戦 対 実籾   2-0 ○
2回戦 対 流山北  2-0 ○
3回戦 対 拓大紅陵 1-2 ●
ベスト16となり、男子は8年ぶりとなる総合体育大会団体戦出場の権利を獲得しました。

総合体育大会
地区予選 ダブルス 三谷・岡本 第5位 県大会出場

大会  
団体戦 (県内16校出場)
1回戦 対 木更津総合 1-3 ●
全ての試合が接戦で、さらに第3シングルスまでもつれる試合となりましたが、残念ながら敗れベスト16で敗退となりました。新人戦でのベスト8入りを目指します。

ダブルス 三谷・岡本が出場
1回戦 対 東葛飾 2-0 ○
2回戦 対 成田北 2-0 ○
3回戦 対 西武台 0-2 ●
最後は県優勝ペアと対戦し敗れましたが、10年以上ぶりとなる個人戦でのベスト16入りを果たしました。

学年別大会
地区予選 
2学年 
第1位 岡本  第3位 藤崎  第5位 太田
1学年 
第2位 上野  第3位 荒井

県大会 
2学年 
ベスト16 岡本   2回戦敗退 藤崎
1学年 
ベスト16 上野 荒井

千葉県交流大会
ベスト8  石橋
ベスト16 根岸

夏季大会(新人大会シード決め)
団体戦   第3位
ダブルス  岡本・藤崎 山田・太田 8位入り
シングルス 岡本 山田 成嶋  8位入り




女子
関東大会 地区予選 1回戦敗退

総合体育大会
地区予選(個人戦)
ダブルス  栁川・永山 6位     
シングルス  永山 7位 

県大会出場はダブルス5位まで、シングルス6位までだったのであと一歩のところで県大会出場を逃してしまいました。悔しさをバネに新人戦での県大会出場を誓います。

学年別大会
地区予選 
2学年 
第1位 永山  第4位 山田  第5位 吹上  第6位 橋本
1学年 
第7位 安井  第8位 今井

県大会 
2学年 
2回戦敗退 永山
1学年 
2回戦敗退 今井

千葉県交流大会
ベスト32 横山
ベスト32 高橋

夏季大会(新人大会シード決め)
団体戦   8位入り
ダブルス  橋本・山田 8位入り
シングルス 安井 8位入り


3年生が引退、男子は6月の総体県シーズンまで残り最後まで努力を続けました。次は大学受験!
H30badminton7①.jpg


7/1千葉市民総合体育大会(ダブルス)女子3部1・2フィニッシュ!
優勝 吹上・今井  準優勝 橋本・山田
H30badminton7②.jpg


7/29市原市体育大会(ダブルス)
男子3部優勝・準優勝 4部優勝・準優勝・3位
     女子3部3位 4部準優勝とメダルラッシュになりました。
男子藤崎は4月シングルスに続き2種目優勝!
H30badminton8m①.jpg


夏季合宿終了!厳しい練習を耐え抜きました!新人大会での県ベスト16を目指します。
H30badminton8m②.jpg


8/12千葉市リーグ(団体戦)男子の岡本、太田 女子の永山、安井が助っ人で参戦
9部リーグ優勝と8部昇格に貢献しました。
H30badminton8m③.jpg


男子
新人大会
地区予選 
団体戦   第3位 県大会出場
ダブルス  岡本・藤崎 第5位 成嶋・石橋 第6位 県大会出場
シングルス 成嶋  8位入り

県大会
団体戦
1回戦  対 松戸馬橋  3-0 ○
2回戦  対 茂原樟陽  3-0 ○
3回戦  対 木更津総合 3-2 ○
準々決勝 対 松戸国際  3-1 ○
準決勝  対 西武台千葉 0-3 ●
決定戦  対 千葉敬愛  0-3 ●

団体戦千葉県3位入賞、また来春行われる関東大会県予選で推薦枠出場が決定しました。
公立高校の新人大会ベスト4入りは10年以上ぶり。次は関東大会出場が目標です。

ダブルス
岡本・藤崎 3回戦敗退 ベスト16
成嶋・石橋 1回戦敗退

12月15日
強化選抜選手として本校から4名が選ばれ千葉県の強化練習に参加しました

強化選抜選手 藤崎、岡本、成嶋、太田

1月12日~14日
北関東オープン研修大会
北関東を中心に、県内上位の高校が参加し団体戦を行います。
1日目
つくば国際(茨城) 2-3 ●
甲府工業(山梨)  3-2 ○
新島学園(群馬)  1-3 ●
2日目
横浜(神奈川)   0-3 ●
鴻巣(埼玉)    3-0 ○
桐生商業(群馬)  0-3 ●
3日目
作新学院(栃木)  3-2 ○
小岩(東東京)   0-3 ●
下妻第一(茨城)  3-1 ○


冬季大会
市原市高校生バドミントン選手権大会
個人戦
ダブルス  成嶋・山田 優勝
太田・上野 第3位
藤崎・岡本 ベスト8

シングルス 岡本    ベスト8

船橋オープン高校生大会
団体戦   昨年度準優勝のため2回戦から
2回戦   対 白井   2-1 ○
準決勝   対 検見川  2-1 ○
決 勝   対 松戸六実 2-1 ○
結 果   優 勝(男子優勝は11年ぶり)

冬季大会の個人戦はダブルスで優勝を飾りました。しかも2番手の成嶋・山田が初出場で優勝、初ペアを組んだ太田・上野が第3位となりました。太田は昨年同大会ベスト8で準々決勝敗退だったので、昨年を越える結果となりました。また来春の関東大会(団体戦)に向けた前哨戦とも言われる船橋オープンでは、県ベスト16の検見川、県ベスト8で昨年同大会の決勝で敗北を喫した松戸六実を破り、11年ぶりの優勝となり、春の関東大会出場へ向け大きく前進しました。



女子
新人大会
地区予選
団体戦   2回戦敗退 8位入り
ダブルス  橋本・山田 8位入り
シングルス 安井 8位入り

冬季大会
市原市高校生バドミントン選手権大会
個人戦
ダブルス  永山・橋本 準優勝

船橋オープン高校生大会
団体戦   
1回戦   対 実籾   2-1 ○
2回戦   対 柏陵   0-2 ●


千葉県3位入賞。右から西武台千葉高(1位)、敬愛学園高(2位)、千葉敬愛高(3位)、また同地区の敬愛学園が関東選抜大会への出場が決定しました。

bado20190219①.jpg

新人大会県ベスト4は昭和63年以来30年ぶりとなります。本校の関東大会出場は5位で出場した平成6年が最後となります。来年の出場枠は4校です。改元の年最初の出場を目指します。

bado20190219②.jpg

2/3、10 市原市高校生選手権大会(個人戦)  男子ダブルス優勝、第3位、女子ダブルス準優勝を果たしました。

bado20190219③.jpg

2/11 船橋オープン高校生大会(団体戦)  船橋オープン11年ぶり7回目の優勝!同地区強豪の検見川高校、新人県ベスト8の松戸六実高校に勝利。関東大会出場に向け、弾みのつく結果となりました。

bado20190219④.jpg








平成29年

平成29年度

男子
関東大会(団体戦)
地区予選  第6位 県大会出場
千葉県高校生学年別大会(シングルス)

地区予選
2学年 第4位 岩田 県大会出場   第7位 三谷
1学年 第3位 岡本 県大会出場   第4位 成嶋 県大会出場

県大会
1学年 ベスト8 岡本   

新人大会
地区予選
団体戦  第3位 県大会出場
個人戦  シングルス  成嶋  7位

県大会
団体戦   ベスト16
1回戦   対 学館船橋 3―0 ○
2回戦   対 四街道北 3―0 ○
3回戦   対 中央学院 0―3 ●
3回戦では強豪中央学院相手に第1ダブルス、第1シングルスでファイナルセットまでもつれこみ惜しくも敗れてしまいました。目標であったベスト16を達成しました。さらに鍛錬を重ね春の関東大会、総合体育大会でベスト8入りを狙います

女子
総合体育大会
地区予選(個人戦)
ダブルス  岩名・小石 6位      シングルス 岩名 6位

千葉県高校生学年別大会(シングルス)
地区予選
1学年  第2位 永山 県大会出場     第9位 吹上 県大会出場

県大会
1学年 ベスト32 永山 

新人大会
個人戦
ダブルス   栁川・永山 7位
シングルス  永山    7位



平成28年

平成28年度

男子
関東大会(団体戦)
地区予選  第4位 県大会出場
千葉県高校生学年別大会(シングルス)
地区予選
2学年 第3位 岩崎 県大会出場
1学年 第7位 三谷 県大会出場

県大会
2学年   岩崎 2回戦敗退

女子
関東大会(団体戦)
地区予選  第2位 県大会出場
県予選   2回戦敗退
千葉県高校生学年別大会(シングルス)
地区予選
2学年 第1位 岩名 県大会出場
1学年 第8位 瀬戸

県大会
2学年      岩名 2回戦敗退

新人大会
地区予選 団体戦  第3位 県大会出場
個人戦 
(ダブルス)
岩名・小石 第6位 県大会出場
(シングルス)
岩名    第4位 県大会出場

県大会  個人戦 (シングルス)
岩名     県ベスト16

平成27年

平成27年度

関東大会地区予選 
女子団体 第3位 県大会出場

関東大会県予選 
女子団体 2回戦敗退

県高校1・2年生大会地区予選 
1年男子 藤原 第7位 県大会出場
1年男子 岩崎 第9位 県大会出場
2年男子 廣井 第7位 県大会出場
1年女子 岩名 第5位 県大会出場
1年女子 小石 第7位 県大会出場
2年女子 西山 第6位 県大会出場
2年女子 桶田 第7位 県大会出場

県高校1・2年生大会     
1年女子 小石 県ベスト16

千葉県高等学校新人バドミントン大会地区予選 
女子団体 第3位 県大会出場

千葉県高等学校新人バドミントン大会  
女子団体 県ベスト16



○練習方針
 平日は男女で4コートを使って練習しています。火曜日定休、木曜日に体育館を使えない日は外やトレーニング室を利用してトレーニングを行っています。土日は男女で最大8コートをつかって練習や他校との練習試合を行っています。また、練習は生徒の自主的な活動に重点を置き、自分たちで考えながら練習を行っていますが、内容は基本練習から応用まで幅広いです。少ない練習時間の中で効率よく練習することを考えて練習しています。


○目標
 県ベスト8以上、関東大会出場です。





日々の練習風景。平日は男女で4面使用します。
H31bad5-2①.jpg

春合宿最後のメニュー後。充実した合宿になりました!

H31bad5-2②.jpg

念願の関東大会出場決定!努力の賜物です。
H31bad5-2③.jpg

関東予選6年ぶり地区1位!
H31bad5-2④.jpg